輸入業務部

kan01

チャレンジする企業風土。

関健(KenKan)

ジェイケイ・インターナショナル株式会社 輸入業務部
大学卒業後、日本の企業で企画営業及び国際貿易業務の仕事に従事しました。企画営業では、イベントプロデュースや店舗プランニング、海外輸出など、幅広い業務を経験しました。国際貿易業務では、輸出入管理、通関業務、検品対策などを経験しました。
現在、ジェイケイ・インターナショナルの輸入業務全般を担当しています。

「経営」を学びたい


大学卒業後、イベント企画会社に入社しました。お客様と一緒にゼロから企画を作り上げ、イベントや展示会の企画、店舗プランニングなど、案件ごとに様々な業務がありました。その後プロデュース会社で貿易購買業務を中心に、海外生産から輸入までの流れも経験しました。

経験を積む内に、もっと全体的な「経営」を学びたいと考えるようになり、そこで出会ったのがジェイケイ・グループでした。ジェイケイ・グループでは「自分のアイデアや企画力を活かしたい」「海外で働きたい」「経営者になりたい」そんな思いを持つ人材を募集しており、自分の力が活かせるのではないかと考え、入社を決めました。

グループ全体の視点で提案したい

輸入業務の経験はありましたが、海外現地工場との交渉、生産進捗管理、通関業務、バイヤーとの交渉など輸入業務の全てを任されるのは初めてでした。不慣れな点もありましたが、上司をはじめ周りのメンバーが親身に教えてくれるおかげで、業務を処理できるようになりました。

輸入業務全体を理解して感じたことは、自部署だけでの解決力には限界があるということです。輸入部署から見れば「この業務を変更して欲しい」と思う事項も、他部署や会社全体にとっては必要なこともあります。これからはジェイケイ・インターナショナルのことだけでなく、ジェイケイ・グループ全体の視点で、新たな仕組みを提案していきたいと考えています。

ジェイケイ・グループは挑戦を歓迎している

ジェイケイ・グループは設立してから長く経過していますが、固定観念はなく新しい提案をするとその場でスピーディーに実行できます。新しいものを取り入れ、チャレンジを歓迎する風土があります。

今は輸入業務という立場で、主に生産から輸入まで携わっていますが、新商品の企画や製品開発など違う分野にもチャレンジしたいと考えています。商流全ての業務を経験してみたい、そういった挑戦が出来る会社だと思います。