商品企画部

松岡

JKらしさを作り上げたい。

松岡伸郎(Matsuoka Nobuo)

ジェイケイ・プラン株式会社 商品開発部

機械系の大学を卒業後、集積回路などのエンジニアとして従事。興味のあったインテリアデザインを学びたいと退職しデザイン学校へ入学。その後インテリア、生活雑貨を中心にプロダクトデザインに関わり、ジェイケイ・プランへ入社。現在に至る。

大手を退職する。異色。私には当たり前だった。

松岡大学卒業後、パソコンのメーカーに就職し、集積回路の設計をしていました。大きな会社でしたので「自分の何が社会に貢献出来てるんだろう?」って疑問に思うようになったんです。その時代、パソコン自体がポピュラーなものではなかったので、誰でも使っているものを作りたい。と強く思うようになりました。

大手企業で定年まで働くことが見えている時代で、退職することって異色だと思われていました。私にとっては、極々単純にインテリアのデザインをしたい。と感じたので学校で学び直すことにしたんです。その後、家具デザイン会社に就職しました。雑誌のようなデザインが出来る!と思っていたのですが、大間違い。コスト、環境、設備など色んな制約がありました。大変でしたが制約に面白さも感じていました。

フリーから組織へ。さらにやりたいことができる。

デザイン会社では、デザインしかしない。作り手の苦労も考えないで、奇抜なデザインをしたりする。だからこそモノを作る現場に行って、空気感に触れてさらに自分の幅を広げたいと思いました。そして家具メーカーに転職。実際には触れてよかった所、知りすぎると良くない所など考えるようになりました。現実的になり飛び抜けた発想ができなくなってくるなと。

その後、元々いたメーカーから仕事を頂く形でフリーランスのデザイナーをしていました。実際に身動きが取りやすく自分のペースで開発が出来る。そういう環境に身を置いてやってみたかった。3年限定でしたので、その後、もう一度組織に戻ろうと。そこでジェイケイ・プランに出会いました。通販に特化したインテリアって面白そう。ファブレスメーカーとして海外に工場を持ち、フリーの時よりやりたいことができる。そう期待して入社しました。

ジェイケイ・プランらしい、ブランド作りを。

松岡この会社は、やり方とかルール作りから構築していける会社。商品開発部でも新卒採用を行っているので若い感性にも期待したい。商品開発部が行う仕事は、一般的な商品開発だけではなく、営業とクライアントが企画したアイデアを形にする企画サポート的な設計業務。デザインだけではなく開発履歴等の仕様書を作ったりする事務的な仕事もあります。

私としては、もっともっと商品開発をしていきたい。ジェイケイ・プランらしさのあるこだわった家具をシリーズ化するなど、会社発ブランドをさらに強化していければと考えています。通販特化家具はまだまだ発展途上の市場。スピード感もあり、基盤作りを行っていき、さらに市場に向けて発信していきたいですね。